株式会社 住宅産業研究所様

新時代のニーズ対応の鍵は、最新情報の「落とし込み」

私ども住宅産業研究所は、住宅産業に関するあらゆるテーマを分析、調査、研究する専門調査会社です。「住宅業界のプロ」として、35年以上、主に新築低層住宅に関する調査・研究を行ってまいりました。

昨今の社会情勢の変化に伴い、我が国の住宅市場も今、転換期を迎えております。人口減少、高齢化など急速に変化する時代のニーズに対応し、成長し続けていく為には、経営陣のみでなく現場でも業界の最新情報はもちろん、営業の成功事例などを理解する、すなわち「落とし込む」事が必須となります。

情報が溢れかえる今の世の中で、情報を「落とし込む」為にはやはり講師の口から直に説明を受けることができるセミナー受講が最適です。しかし、いざ開催すると様々な課題がありました。
まず、参加者が少ないこと。理由を探っていくと、「セミナー料金が高く企業の代表しか参加させられない」、「会場までの交通費がかかる」、「参加者のスケジュール調整が厳しい」など、セミナー受講への意欲は高いものの、コスト・スケジュール面などの課題が多く、受講に踏み切れない方が多くいらっしゃることが分かりました。 運営の手間を削減し、多くの参加者を募りたいという課題に、クラストリームの映像配信サービスはとてもマッチしました。もともとセミナーは東京、名古屋、大阪の3会場で行っていましたが、会場数を増やすことにも限界があり、移動せずにWEB上でセミナーを受講できる仕組みは大変魅力的でした。

映像配信と聞くと難しいイメージを持ちますが、配信が簡単にできる上、費用も思った以上に安く済んだ事に驚きました。特別なITの知識がなくても楽にサービスを開始できたので、セミナー受講者へのご案内がスムーズにできた事も利点でしたね。映像配信サービスは初の試みで、正直不安もありましたが、「思った以上に見てもらっている」と言うのが率直な感想です。予想を超えた反響で弊社の新サービスとして成功しつつあり、このままいけば新しい商品として独り立ちできそうな予感がしますね。

新時代対応への第一歩、クラストリームの映像配信サービス

住宅産業は古くは江戸時代に始まり、今なお日本に欠かせない産業です。伝統と歴史のある業界だからこそ、常にアンテナを張り、新しいサービスを取り入れ時代のニーズに対応し続けていくことが、発展の鍵となるでしょう。

我が社にとってWEBセミナー配信サービスの開始はその第一歩となりました。今後は双方向配信など、様々なサービスに挑戦し、共に成長していけたらと思っています。

こんな用途に使えます