ライブ配信機能を使ってビジネスを加速させる

定期的に開催される全国の拠点からの集合研修のための移動時間・コストが削減できます。

遠隔地の状況をリアルタイムで知ることができるクラストリームの「ライブ配信機能」

社内の営業研修、販売代理店との情報共有、社員への情報発信など、同じ事務所内であっても、全員のスケジュールを調整して、研修のために集合するのは、なかなか難しいですよね。いつもお客様先を飛び回っている営業マン向けのものであれば、なおさらです。「クラストリーム」であれば、定期的に開催する社内研修のを録画しておくだけで、時間と場所にとらわれず、いつでもどこでも研修が受けられる仕組みを簡単に作ることができます。

活用業種

  • 拠点数の多い企業
  • 学校・教育関係
  • イベント会社

著作権の心配な講演・研修もリアルタイムで開催

著作権の心配な講演・研修もリアルタイムで開催

外部講師を招へいして実施するような講演・研修等が講師の意向で録画不可な場合も多いようです。ただ、講師が各地を回って研修をするようでは、情報共有に時間がかかってしまいます。
また、各地から集まる参加者の移動コストや調整コストも気になります。クラストリームのライブ配信機能を使えば、各拠点から講演・研修を受講することができます。

災害現場での情報共有、状況判断に迅速化が可能に

災害現場での情報共有、状況判断に迅速化が可能に

災害時や緊急時、火事・地震・津波・事件など、さまざまな状況下で現場の状況を即座に把握することができます。声だけでは伝わりにくい現場状況を映像で伝えることができるだけでなく、最新のセキュリティ対策がされた中での限定配信が可能なため、秘匿性の高い映像を、関係者だけで共有することができます。迅速に状況を判断するためには、少しでも情報が必要です。また、映像はそのまま保存してアーカイブしておくことができますので、記録による事後検証も可能です。

リアルタイムでの講義は臨場感抜群

リアルタイムでの講義は臨場感抜群

近年大手の学習塾だけでなく、地方の学習塾にもライブ配信を活用した講義が進められています。講師の数が限られているなか、生徒数を増やすため、自宅の近くで人気講師の授業をリアルタイムで受講できる形式が注目を集めているのです。動画配信システム「クラストリーム」のオンプレミス版なら、定期的に、あるいは、長期間動画配信を授業で活用する学習塾様に最適なサービスとなっています。もちろん映像はそのまま保存してアーカイブしておくことが可能です。

その他の活用事例

パブリックビューイング研修を拠点配信

視聴者がそれぞれのパソコンで視聴する運用以外にも、例えば東京で実施しているセミナーを、各地方拠点に配信し、パブリックビューイングのようにプロジェクターや大画面で各会場参加者が映像を視聴するような運用がされています。

機器メンテナンスや設備管理に

作業員がサービス担当者が何度もお客様先に出向くことなくスマホで現場状況を撮影して、本部と共有することで迅速な対応を行うことができます。

動画の有料配信

作業員がサービス担当者が何度もお客様先に出向くことなくスマホで現場状況を撮影して、本部と共有することで迅速な対応を行うことができます。

その他の活用シーン

Page Top