ライブ配信と録画配信、どちらもできます!

Posted by dev on 2019年8月6日 in クラストリーム with Comments closed |

先日のお問い合わせで、
「全てのプランでライブ配信と録画配信、どちらもできるのですか?」
というご質問がありました。
答えは…「できます!」
クラストリームでは、スモールプランからライブ配信も録画配信もできるので、
「ライブ配信したい!でもせっかくだから、後日、録画配信もできたらいいな」
「録画配信が基本だけど、ライブ配信も試してみたい!」
などの方にもおすすめです。
ぜひ、ご検討ください。

デジタルサイネージでのライブ配信

Posted by dev on 2019年7月31日 in ライブ配信 with Comments closed |

最近、ショッピングモールなどの商業施設や公共施設で
大型の電子掲示板をよく見かけます。
これらはデジタルサイネージと言われています。
弊社では、このようなデジタルサイネージにおけるライブ配信のお問い合わせもいただいております。
「イベントなどの様子をライブ配信したい!」
「デジタルサイネージで社員に向けてライブ配信したい!」
などをお考えの方は、ご相談からでも構いませんので、ぜひお声掛けください。

学習塾さんからのお問い合わせ

Posted by dev on 2019年7月23日 in クラストリーム with Comments closed |

以前から、クラストリームは学習塾さんや予備校さんからのご利用事例が多くあります。
遠方の方への授業配信はもちろん、欠席者向けの補講動画配信のご相談も多いです。
数十名規模の学習塾さんや欠席者など一部の生徒さんに視聴者をしぼった運用ならスモールプラン、
数百名規模の学習塾さんならスタンダードプランがおすすめです。
生徒さんが選択している科目やクラスごとの配信が可能ですので、
まずはお気軽にお問い合わせください。

オンプレミス版?クラウド版?

Posted by dev on 2017年5月10日 in クラストリーム with Comments closed |

現在、オンプレミス版(サーバ導入型)の方のホームページのリニューアルを検討していますが、ちょっと情報が古くなってしまっていて申し訳ありません。

いまの「クラストリーム」のホームページを見ると
・利用が少ない場合→ クラウド版
・利用がすごく多い場合→ オンプレミス版
という風に見えるかもしれませんが、クラウド版でもクラウド上に負荷分散サーバを立てるなどの実績がかなりできてきましたので、必ずしも大規模配信=オンプレミス版というわけではありません。

実現したい未来にあわせて、私たちが最適な提案を考えますので、お気軽にお問い合わせください!
ホームページ上にも、徐々に情報を増やしていきます。

「コスト」という観点からいうと、ほとんどのケースでクラウド版の方が価格は安くなります。
機能面では、クラウド版とオンプレミス版にほとんど違いはありません。

オンプレミス版をおすすめするのは、御社やクライアント様のセキュリティ方針で「一切、インターネットには出たくない」というケースのみになってきています。
クラウド版の方も、万全のセキュリティ対策を、ありとあらゆる形でとっていますので、自社管理のサーバよりもかえって安全、という説もありますが、上層部・経営層がクラウドを完全拒否されているケースもありますし、インターネットに出るところの回線負荷を懸念して、なんとか社内WAN内でという情報システム部様からのご要望があるケースも多いです。

とりあえず、この文章を読んで「なんだか難しいな」と思ったら、クラウド版のみで検討して大丈夫です。
プランでお悩みの場合は、お気軽にご相談くださいね。

読んでいただきありがとうございました。

タグ: ,

外食ビジネスウィーク!

Posted by marui on 2016年9月1日 in クラストリーム with Comments closed |

IMG_0610

東京ビッグサイトで行われている、外食ビジネスウィークに出展しています。

周りから、ラーメンや餃子のいい匂いがする中、
若干、場違い感を感じつつも、たくさんの方にご来場をいただいています。

「クラストリーム」はフランチャイズ本部や、チェーン展開をされている企業様など、
拠点が多数あるお客様のご利用が多く、
特に、調理や接客などは、紙のマニュアルよりも、動画での情報共有が最適なため、
拠点が複数あったり、シフト勤務などで、なかなか研修が難しい、外食産業の企業様にも大変おすすめです。

本日最終日ですが、お近くにお越しの際はぜひご来場ください。

流量無制限プラン

Posted by marui on 2016年4月13日 in クラストリーム with Comments closed |

最近、大手企業様や、既にたくさんの会員がいらっしゃるサイトでの映像配信を検討されているケースで、
お問合せをいただくことが、とても増えています。

ご用意しているプランの中で、「スモールプラン」は、ユーザー数に制限がある代わりに、
そのユーザーIDの範囲内では、使い放題(つまりデータ流量無制限)のプランです。
たとえば、「スモールプラン30」は30個のユーザーIDをお渡ししますが、
一つのユーザーIDで複数の端末からのログインはできないようになっていますので、
言葉を変えれば、同時接続数 最大30の範囲内で使い放題のプランと考えていただいていいと思います。

ただ、このプランで300名、500名、1000名とユーザーIDを増やしていくと、
すごく高額になってしまいます。
そこで、一番お得なプランとしてご提供しているのが「スタンダードプラン」です。

たとえば、1000名社員がいらしたり、1000名会員がいらしたりしても、
全員がずっと動画を見ているわけではないので、一定の無料視聴分(データ流量300GB)までは、基本料金のみで
それを超えると、従量で料金がかかる(100GBあたり1万円)プランになります。

ご利用のお客様の状況を見ていると、動画を見ることが主業務ではない、社員研修や情報共有などのご利用方法では、
この無料視聴分は、ほぼ超えてこないようです。そのため、社員や会員が多いお客様のほとんどは
スタンダードプランが一番お得かな、と思ってご提供をしています。

ところが、動画の積極的な配信を検討されていくと、どうしてもその従量の部分がネックになってくるケースが増えてきました。
同時接続数の想定や、視聴端末の想定などによっても、いろいろと変わってくるため、どうしても個別のお見積りになってしまうのですが、
初期費用をいただいたり、月額費用を上げることで、データ流量無制限のプランのご提案なども行っています。
なんだか最近、そんなご提案ばかりしているような気も。。。

専用環境の構築、APIのご提供、個別プランのご提案など、ご要望に応じてできるだけお力になれればと思っていますので、
まずはお気軽にご相談いただければと思います。

画面のキャプチャについて

Posted by marui on 2016年1月6日 in ライブ配信 with Comments closed |

こんにちは クラストリーム担当の丸井です。

前からよくいただくお問合せに「パソコンの画面をキャプチャーしてライブ配信したい」というものがあります。

「クラストリーム」はプラットフォームなので、
あくまでも「Ustream」や「ニコ生」に配信する代わりに、「クラストリーム」を配信先にすると
セキュリティの高いライブ配信ができますよーというものです。

簡易的にスマホからライブ配信ができるアプリ(ライブカメラ)をご提供していたりもするのですが、
基本的に「パソコンからライブ配信」したり、「パソコンの画面をキャプチャー」したりするのは、
市販のツールや機材から行っていただきます。

パソコンからのライブ配信で最もご利用いただいているのは Adobe Flash Live Media Encoder
通称FMEですね。無料で使えるソフトです。このソフトで配信先URLを、「クラストリーム」のものに設定していただきます。

画面をキャプチャーするフリーソフトとして有名なのはWindowsですとSCFH DSF、Machintoshだとcamtwistでしょうか。
無料のものから有料のものまで様々あるようです。
残念ながら、これらのキャプチャーソフトを「クラストリーム」が正式に推奨しているわけではないのですが、
こういったソフトを使うとFMEの映像ソースとして、画面キャプチャーを選択できるようになりますので、
組み合わせて、画面キャプチャーのライブ配信をされている方がたくさんいらっしゃいます。

リアルタイムの数値の変化を実況したり、パソコンソフトの操作説明をしたり、様々なご利用用途が考えられますので、ぜひお試しいただくのはいかがでしょうか。

あけましておめでとうございます

Posted by marui on 2016年1月4日 in クラストリーム with Comments closed |

新年あけましておめでとうございます。

アイ・ピー・エル 「クラストリーム」チーム
本日から始動しております。

最近は、小規模の配信だけでなく、中規模・大規模の案件をご依頼いただくことが増えています。

本当に様々なお客様からのご依頼をいただいており、
ひとつひとつお応えすることを、チーム一同、
とても嬉しく、やりがいを持って日々対応しています。

「動画配信」というと、ちょっと難しそうだったり、立ち上げのために何をすればよいか、よくわからなかったり、
悩まれている方が多いからこそ、頼りにしていただけているのかなと思っています。

今年1年も、全力で皆様をサポートします。
どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

はじめての動画撮影

Posted by marui on 2015年9月29日 in クラストリーム with Comments closed |

今日は「クラストリーム」にお申込み予定のお客様が、
研修動画を撮影されるということで、銀座のオフィスまでお邪魔しています。

やはり、はじめて動画を撮影するとなると、
家庭用ビデオカメラで、ただ撮るだけとはいえ、
マイクの電源が入っていなかったり、録画の保存形式の設定をチェックしたり、
PCへの取り込みにソフトのインストールが必要だったりと、
いろいろとありますよね。

最初に小さな失敗を繰り返して、確かなルーチンを作ってしまいさえすれば、
どんどん動画は増やせます。
最初の立ち上げはちょっと手間のかかることもありますが、
お声がけいただければ、こちらでアドバイスなどできることもありますので、是非お気軽にご相談ください。

今日のお客様は、かなり細かな機器構成図を用いた研修をされていたのですが、
ホワイトボードにA3の紙で貼ったものを、うまくビデオカメラでズームに撮って、細かい説明をされていました。
がんばって電子化するよりも、こうしたやり方のほうが、手っ取り早いかもしれませんね。

ライブ配信のサポートについて

Posted by marui on 2015年8月17日 in クラストリーム, ライブ配信 with Comments closed |

「クラストリーム」はライブだけできるサービスと誤解されることも多いくらい、「ライブ配信」のお問合せを多くいただいています。

もちろん、録画映像の配信も、ライブの配信もできるのですが、、。

特に他社さんは、ライブというと+10万円くらいのオプションがかかるところも多いので、手軽にセキュリティの高いライブ配信ができる有料サービスとしては、第一の選択肢としてご検討いただいているようです。

特にご評価いただいているのは、手前味噌ながら、そのサポートかと思っています。

無料のサービスですと、なかなか手厚いサポートは受けられませんし、とはいえ、ライブは一発勝負。事前に十分準備したくても、そもそもどうやってやったらいいの?機材は?設定値はどれくらいが適正なの?はじめての方は、たくさん不安な点があるかと思います。先日も無料のサービスで、ずっとライブ配信をされていたお客様が、サポート面や環境の不安定さから、別のサービスを探された末に、「クラストリーム」を選んでいただきました

「クラストリーム」では本番のライブ配信の撮影支援や機材貸出は有料となりますが、営業時間内の電話・メールでのサポート、首都圏内でしたらリハーサルの立会なども、可能な範囲までとはなりますが、無料でご支援しています。「これで本番も大丈夫」と思っていただけるまで、丁寧にサポートさせていただきます。

とはいえ、当日の回線の不調などは、どうしても起こり得ますので、必ず録画しておくなど、万一の失敗の際のリスクヘッジも合わせてご提案させていただいております。ほとんどの方が、ライブ配信・映像配信は初めてという方かと思います。不安な点は、どうぞお気軽にご相談ください!

Copyright © 2012-2019 「クラストリーム」お問い合わせブログ All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.2, from BuyNowShop.com.