研修・セミナー動画制作事業者が動画配信システムを利用するメリット | 動画配信システム・プラットフォーム【クラストリーム】

2022.10.24

研修・セミナー動画制作事業者が動画配信システムを利用するメリット

社員研修やセミナーといった映像の撮影、制作事業者様の中には制作した動画の配信をYouTubeをはじめとした、オープンな動画配信システム・プラットフォームで行っている方も多いのではないでしょうか。

無料の動画配信システム・プラットフォームはコストをかけずに手軽に利用できますが、大切な制作動画を自社のコンテンツとしてビジネスに繋げていくために、自社で動画配信システムを導入・構築していくことをおすすめします。この記事では、動画配信システム・プラットフォーム「クラストリーム」を導入することで、映像制作事業者にどのようなビジネスメリットがあるかを解説します。

【目次】
動画配信システムとは?
映像制作事業者が動画配信システム・プラットフォーム「クラストリーム」を利用するメリット
動画配信システム・プラットフォーム「クラストリーム」の特徴
映像制作事業者にとって動画配信システムは強力なビジネスツールになる!

動画配信システムとは?

動画配信システムとは動画コンテンツの配信・管理を行うシステムを指し、動画配信システムを用いて動画を配信・視聴できるWebサービスが動画配信システム・プラットフォームです。

無料の動画配信システム・プラットフォームとしてはYouTubeが有名ですが、アップロードした動画は基本的に全ユーザーに公開されるため、社内研修動画の配信などのビジネス用途には不向きです。また、無料の動画配信システム・プラットフォームにアップロードしたコンテンツは、運営企業の規約の変更や運営体制の変更で一方的に削除されてしまうリスクもあり、コンテンツを保護することができません。

無料の動画配信システム・プラットフォームを利用せずに自社で動画配信システムを導入すれば、自社で動画コンテンツを管理し、配信方法なども柔軟に設定することが可能です。

映像制作事業者が動画配信システム・プラットフォーム「クラストリーム」を利用するメリット

動画配信システムを自社に導入することで、Webにアップロードした制作動画を漏えいのリスクから守れるだけではなく、会員制の限定動画配信や動画コンテンツの販売など、映像制作事業者のビジネスの幅を拡げることができます。
ここでは、映像制作事業者が動画配信システム・プラットフォーム「クラストリーム」を導入することによるビジネスメリットについて解説します。

制作動画の事例を配信できる

動画配信システムを導入することで、自社のホームページなどで制作した動画を簡単に配信することができます。映像制作事業者にとって自社で制作した動画は、どれほど優秀な営業マンのセールストークよりも説得力のある営業ツールにもなり得ます。エンドユーザーが自社の制作事例を視聴できる環境を整備しておくことで、品質の高さやイメージを訴求することができます。

クラストリームでは、最も料金の安いライトプランでも、業界最大クラスの1,024GB(1TB)、約3,000時間の動画が保存可能な大容量のストレージを提供しておりますので、ターゲットに合わせた制作事例をアップロード・配信することが可能です。

エンドユーザーからの配信依頼を収益化できる

法人様から、研修動画などの撮影・編集を依頼されて納品した際に、社内向けの動画共有や動画配信の方法について相談された経験はありませんか?

PR動画とは違い研修動画やセミナーなどの動画はセキュリティ面の問題で、オープンなYouTubeなどの動画配信システム・プラットフォームを避けたいと思う企業が少なくありません。依頼側の企業としては、動画制作から動画配信までをセットと考えているケースも多いため、映像制作事業者に相談をするのも自然な流れです。

企業からの相談に対して自社では対応できないと返答してしまうと、機会損失に繋がるだけではなく、案件に対する満足度も下がってしまうリスクがあります。弊社の動画配信システム「クラストリーム」をエンドユーザー(貴社のお客様)にご紹介いただきご契約された際に、ご紹介料として貴社の売上拡大にもつながる販売代理店制度がございます。

販売代理店制度を活用されることで、エンドユーザーからのご相談を収益化できるだけでなく、ワンストップで動画制作から配信まで顧客の要望にお応えすることが可能となります。システムの説明やお客様のご要望を弊社のスタッフが代わりにお伺いすることも可能ですので、専門的な知識を持たれなくても問題ございません。

動画配信システム・プラットフォーム「クラストリーム」の特徴

視聴者を限定した配信が可能

社員向けや会員制など、視聴者を限定した配信が可能ですので、社内研修動画やセミナー動画などの配信に適しています。

ライブ中継による配信も可能

撮影・編集済の動画コンテンツをアップロード・配信するだけではなく、動画のライブ配信にも対応しています。

セミナー動画やイベントなどのライブ配信を希望される企業に対しても対応が可能となりますので、映像制作事業者のビジネスの幅を拡げることができます。
動画配信システム・プラットフォーム「クラストリーム」では、柔軟に配信方法を選ぶことが可能です。

●クラウド型動画配信システム
●オンプレミス型動画配信システム
●ハイブリット型動画配信システム

ビジネス用途にも安心の強固なセキュリティ性能

クラストリームでは、暗号化、独自のウォーターマーク表示など、業界最高水準のセキュリティで情報漏洩や不正利用からアップロードした動画コンテンツを守れるため、ビジネス用途の配信にも安心してご利用頂けます。

シンプルで視覚的に使いやすいUI

配信システムでは、シンプルで視覚的に使いやすいUIが採用されており、動画のアップロード・配信の際の管理はもちろん、動画を視聴するユーザーにも使いやすい動画配信システムとなっています。
ユーザーの視聴時には、2倍速で再生しても音声が聞き取れる「話速変換技術」が採用されていますので、倍速再生で視聴される方の多い教育系の動画配信にも適しています。

豊富な実績に裏付けされた信頼

クラストリームのアクティブユーザー数は約60万人となっており、豊富な実績を誇っています。インフラ系の大手企業や大学・教育関係の企業への導入事例も多く、様々なケースでの経験が蓄積されています。

担当者による電話・オンラインサポート

担当者による丁寧な電話・オンラインサポートを受けられますので、動画配信に不慣れな方でも安心してご利用頂けます。また、動画配信システムの全機能のマニュアルも用意されています。

コストを抑えて導入が可能

コストを抑えて動画配信システムを導入できますので、動画配信ビジネスに対する費用対効果が高くなります。基本の料金プランは、配信規模やセキュリティ機能などにより3つのプランに分かれています。

ライト:月額55,000円(税込)から
スタンダード:月額110,000円(税込)から
エンタープライズ:月額165,000円(税込)から

映像制作事業者にとって動画配信システムは強力なビジネスツールになる!

映像制作事業者が動画配信システムを導入することで、自社の制作動画を配信できるだけではなく、これまで機会損失となっていたエンドユーザーの動画配信を自社の収益につなげることができます。

映像制作事業者が動画配信まで手がけられるようになれば、発注側の企業もワンストップで依頼することができますので、受注単価をアップできるだけではなく顧客満足度の向上にも繋がります。

動画販売システムの導入を検討している映像制作事業者様は、ぜひクラストリームにご相談ください。