技術的バックボーン

動画配信に関わる技術は繊細かつ多機能です。クラストリーム オンプレミス版には、安定した動画配信環境を提供する為、クラウド版で鍛えられた数々の工夫や技術が組み込まれています。

  • 高画質・安定性

    動画圧縮方式には、最もバランスの取れたH.264形式を採用しています。
    H.264形式は、ハイビジョン方式の高解像度映像を効率よく圧縮できる規格であり、標準的なビデオコーデックとして最も普及しているものです。

    また、配信方式には、HTML5準拠のプログレッシブダウンロード方式(疑似ストリーミング方式)を採用しました。これによりネットワークの瞬断耐性が向上し、より安定した配信ができるようになっています。

  • 高速性・低遅延

    ライブ配信における低遅延配信技術として、WebRTC、CMAF(Common Media Application Format)等の規格が存在します。

    規格自体が普及過渡期であり、全てのブラウザや環境で利用できる状況ではありませんが、災害現場では低遅延配信機能を求める声が大きいことから、クラストリームではGoogle Chromeブラウザに限定してWebRTC方式で低遅延ライブ配信を行う「低遅延ライブ配信機能(オプション)」の提供を開始しました。これにより、従来30秒程度の遅延が発生していたライブ配信が、2~5秒程度の遅延で配信できるようになります。

  • セキュリティ

    限定した動画配信に力を入れているクラストリームは、セキュリティ対策にも万全を期しています。

    まず、動画データが流れる全ての通信経路を暗号化しています。動画データは一般的にデータ量が多く、特にライブ配信では遅延のないデータ送信が求められるため、暗号化を避けたプロトコルが主流となっています。そのような中、クラストリームは一早くセキュアプロトコルであるRTMPS方式に対応し、第三者への漏洩を防ぐ仕組みを構築しました。

    また、視聴者のキャプチャ操作による情報漏洩を抑止するため、業界初となるウォーターマーク機能(特許第6439010号)を開発するなど、セキュリティ関連の技術開発に力を入れています。

  • 負荷分散

    動画データは通信量が多いため、一度に多数の視聴者が閲覧すると、ネットワークのキャパシティを超えてしまう問題が発生します。クラウド型の動画配信サービスでは、社内ネットワークの負荷を分散させることが困難でしたが、オンプレミス版では、視聴端末の多いセグメントにエッジサーバを配置する事で、効率よくネットワークの負荷分散を図ることが可能となりました。

    オンプレミス版は、サーバ側の帯域制御で強制的にネットワーク負荷を抑えることもでき、さらに柔軟な負荷コントロールが可能です。

大規模・動画配信
ネットワークの構成例

オンプレミス版は、導入する企業様の利用用途に応じて、柔軟に構成をカスタマイズする事ができます。

  • 自動車関連企業(東証一部上場企業)

    自動車関連企業(東証一部上場企業)の構成例
  • メーカー(東証一部上場企業)

    メーカー(東証一部上場企業)の構成例
  • フランチャイズ本部(マザーズ上場企業)

    フランチャイズ本部(マザーズ上場企業)の構成例

推奨環境

オンプレミス版の推奨環境は以下の通りです。(ご利用用途に合わせて必要な構成が変わります)

視聴推奨環境

OS Windows® 8.1/ 10、MacOS X ver.10.11以降
iOS 11.2以降 / Android™ OS 5.0以降
ブラウザ Microsoft Internet Explorer® 11以降、Microsoft Edge®、Mozilla FireFox、Google Chrome™、Safari(iOS)
回線 ADSL、CATV(ケーブル)、光回線などの高速回線(推奨:2Mbps以上、必須:500kbps以上)
※ISDN、データ通信カードなどは動作保証外です。
その他
  • ※クッキーおよびJavaScriptを有効にしてください。
  • ※推奨環境を満たしていても、インターネットの回線状況・混雑状況、あるいは別アプリケーションの同時利用等により、正常に再生できない場合があります。

クラストリームServer推奨環境

OS CentOS Linux 7.4以上(64 bit)、Red Hat® Enterprise Linux® Server 7.4以上(64 bit)、Microsoft® Windows Server® 2019、Microsoft® Windows Server® 2016
CPU Xeon 3.0GHz以上 4core以上(推奨8core以上)
メモリ 16GB以上(推奨20GB以上)
HDD 500GB以上(1TB推奨)※RAID0推奨

負荷分散用エッジServer推奨環境

OS CentOS Linux 7.4以上(64 bit)、Red Hat® Enterprise Linux® Server 7.4以上(64 bit)、Microsoft® Windows Server® 2019、Microsoft® Windows Server® 2016
CPU Xeon 3.0GHz以上 4core以上(推奨8core以上)
メモリ 16GB以上(推奨20GB以上)
HDD 500GB以上(1TB推奨)※RAID0推奨

動画変換Server推奨環境

OS CentOS Linux 7.4以上(64 bit)、Red Hat® Enterprise Linux® Server 7.4以上(64 bit)、Microsoft® Windows Server® 2019、Microsoft® Windows Server® 2016
CPU Xeon 3.0GHz以上 4core以上(推奨8core以上)
メモリ 8GB以上
HDD 80GB以上

倍速変換Server推奨環境

OS Microsoft® Windows Server® 2019、Microsoft® Windows Server® 2016
CPU Xeon 3.0GHz以上 4core以上(推奨8core以上)
メモリ 4GB必須(推奨8GB以上)
HDD 80GB以上
ページのTOPへ戻る