管理職研修でe-ラーニングを効果的に活用するには?|システムの選び方も解説!

変化の激しいビジネス環境の中で、企業の競争力を高めるため管理職には幅広く高度な知識を身に着けてもらう必要があります。
このとき、業務が多忙な管理職にどのように効率よく知識を身に着けてもらったらよいか課題に感じている方もいるでしょう。
そんな時にオススメなのが、e-ラーニングを活用した管理職研修の実施です。

この記事では管理職研修にe-ラーニングシステムを導入するメリットと選択ポイントまで徹底して解説します。

管理職研修に活用できるe-ラーニングシステムとは

e-ラーニングシステムとは研修や講義の動画をインターネットもしくはプライベートネットワーク上で配信・閲覧することができる学習・研修方法のことです。

e-ラーニングシステムを使用すれば、いつでもどこでも研修動画が受講可能で、更に数多くの動画をアップロードすることで多様な研修メニューを提供できます。

日々の多忙な業務をこなす管理職でもe-ラーニングシステムを用いて研修を実施することで、スキマ時間や移動時間などに効率的にスキルを磨くことが可能となります。

管理職に必要なスキルとは

現代の管理職には具体的にどういったスキルが求められているのでしょうか。
いくつか具体的な例をあげて解説します。

  • 目標設定スキル
  • マネジメントスキル
  • 部下育成、評価スキル

目標設定スキル

管理職になると、現場の1担当者とは異なり、組織を運営・管理する立場になります。
つまり自分の業務を遂行するだけではなく、組織の業務を成功させることが求められるということです。
その際に重要なのが目標設定です。

社内外の関係者の状況や経営方針・事業状況を踏まえ目標設定することで、初めて自分の組織を正しい方向へリードしていくことができます。

このように管理職にとって、周囲の事業環境を見定めた上で目標設定するスキルは欠かせません。

マネジメントスキル

管理職は目標設定するだけではなく、その目標達成に向けて組織をマネジメントし、正しい方向に導く必要があります。
マネジメントスキルといっても多岐にわたります。

例えば

  • 皆をリードする際に必要なリーダーシップ
  • 社内外の関係者と調整する際に必要なヒューマンスキル
  • 業務を遂行する際の進捗状況やコストを管理するスキル

等のスキルが必要です。

管理職にマネジメントスキルを身に着けてもらうことによって、企業はその成長を実現することができます。

部下育成・評価スキル

管理職には部下を育成し評価することも求められます。

部下を育成する際には一方的に部下を指導するのではなく、部下自身が主体的に学べるようサポートする必要があります。
そのためには部下の状況やニーズに細心の注意を払い、モチベーションを向上させたり、学びやすい環境を提供することが必要不可欠です。

また部下を正しく評価し、彼らの成長に対するフィードバックを提供することも欠かせません。

このように管理職にはプレイヤーとしてのスキル以外に求められるスキルがたくさんあるのです。

管理職研修にe-ラーニングシステムを導入するメリット

次に管理職研修にe-ラーニングシステムを導入するメリットをご紹介します。

  • 効率的な学習が可能
  • コスト削減が可能
  • 多様な知識を学習できる

効率的な学習が可能

e-ラーニングシステムは時間や場所的な制約がなく、いつでもどこでも、自身のペースで学習を進めることができるのが特徴です。

多忙な管理職にとっては、決められた時間に現地に集まるのが難しい場合もあるでしょう。しかしe-ラーニングシステムであれば、時間や場所に縛られることなく研修が可能です。

また、同じ動画を繰り返し視聴できるので、分からなかった所や再度学習したい所を何度でも見返すことができ、知識を定着させやすいのも大きなメリットです。

コスト削減が可能

管理職研修にe-ラーニングシステムを導入することで、会場の設営や講師の招集等の手間、参加者の交通費等の費用など、様々なコストを大幅に削減することができます。

例えば、会場に講師を呼んで研修を開催するとなると、講師や参加者の交通費や宿泊費、そして会場手配のための費用がかかります。
更に、講師や参加者との日程調整も欠かせず、日程が中々合わないといったこともあるでしょう。

しかしe-ラーニングシステムを導入すれば、初期こそコンテンツの作成にコストがかかるものの、中長期的には大幅なコスト削減に繋がります。

多様な知識を学習できる

e-ラーニングシステムにより、管理職は自身のスケジュールに合わせて、幅広い内容の研修動画を閲覧することが可能です。
これにより、自ら必要な知識を選択し、自己成長を促進することができます。

更にシステム上に多数の研修動画をアップロードしておけば、管理職ごとの役割や目標に応じた知識を効率良く習得することができるのもメリットと言えます。

例えば、新任の管理職には部下のマネジメント方法を、ベテラン管理職には法務知識を重点的に学べるよう、コンテンツのラインナップを用意するなどです。

このように、e-ラーニングシステムは、受講者である管理職自身のニーズやレベルに合わせて、多様な知識を自由に学習できる点で大きなメリットがあります。

管理職向けe-ラーニングシステムを選択する際のポイント

ここからは管理職向け研修にどのe-ラーニングシステムを選択したらよいのか迷っているという方に向けて、システムを選ぶ際のポイントを4つご紹介します。

  • セキュリティは万全か
  • 動画の保存容量が十分か
  • 学習しやすいシステムであるか
  • マルチデバイスに対応しているか

セキュリティ対策は万全か

まず、管理職向けのe-ラーニングシステムを導入する際には、セキュリティ対策が万全なシステムを選びましょう。

e-ラーニングは様々な端末でいつでもどこでも受講が可能という特徴を持っているが故に、学習環境によってはコンテンツ内容の流出の危険が伴います。
研修内容には社外秘の情報やノウハウが含まれていることもあるでしょう。

研修情報が外部に流出しないためにも、強固なセキュリティ対策が利用できるシステムで配信するのが重要です。

動画の保存容量が十分か

e-ラーニングではたくさんのコンテンツを配信するため、動画の保存容量が自社の配信したい動画量に適しているかを確認しましょう。

管理職として多様なスキルを獲得してもらうためには、幅広い研修プログラムを提供する必要があり、必然的に、多くの研修動画をアップロードする必要があるでしょう。

何分くらいの動画を何本アップロードしたいのかを事前に確認しておき、システムの動画の保存容量が十分かどうかを確認することが重要です。

どれくらいの保存容量が適しているのかわからない方は、ぜひ弊社のスタッフへご相談ください。
動画配信のプロが無料でご相談を承り、最適な動画保存容量をお伝え致します。
動画配信のプロに無料で相談する>>

学習しやすいシステムであるか

管理職研修にe-ラーニングを活用してもらうためには、受講者が学習しやすい機能が揃っているシステムを導入することが必要不可欠です。

学習しづらいシステムで研修動画を配信しても、閲覧してもらえなかったり、閲覧しても途中で閲覧を止められてしまうこともあり得ます。

例えば、

  • チャプター機能がついているか
  • 早送りや巻き戻しが容易にできるか
  • 倍速機能はあるか
  • 字幕は表示されるか

など、受講者が学習しやすいシステムを導入することで、動画を最後まで閲覧してもらいやすくなるでしょう。
また、研修の進捗状況が確認できる学習管理機能が搭載されていると、受講者だけではなく、学習を管理する側としても学習の進捗管理が確認しやすいので、オススメです。

マルチデバイスに対応しているか

管理職向けの研修にe-ラーニングシステムを導入する際にはマルチデバイスに対応した配信システムであるかも確認しましょう。

前述の通り、いつでもどこでも研修を受講できるのがe-ラーニングの魅力ですが、そのメリットを最大限活かすためにも、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末でも視聴可能なシステムを選ぶのがオススメです。

例えばマルチデバイスに対応しておらず、PC画面のみに最適化されている場合、スマホやタブレットでは見づらかったりするので、『PCが使える環境でしか学習がしづらい』という物理的な制約が生まれてしまいます。

e-ラーニングのメリットを潰してしまわぬよう、マルチデバイス対応のe-ラーニングシステムを選びましょう。

管理職研修にe-ラーニングシステムを導入するなら「クラストリーム」

管理職研修へe-ラーニングシステムの導入を検討されているなら、弊社が提供する「クラストリーム」の利用がオススメです。

「クラストリーム」では本記事でご紹介したポイント全てを網羅し、初めての方でも簡単に導入いただけます。
ここではクラストリームをオススメする5つのポイントを紹介していきます。

効率的に研修受講が可能

クラストリームはパソコンだけでなく、スマートフォン、タブレット等のマルチデバイスに対応していたり、マルチビットレートで再生可能なため、通信環境に併せて適切な画質で動画の再生が可能です。

また特許技術の『聞こえる倍速再生』機能も搭載しており、2倍速で研修動画を再生してもクリアな音声で視聴できる機能があるため、時間がない中でも効率的に受講いただけます。

情報漏洩を防ぐセキュリティ機能が充実

クラストリームは外部への情報漏洩を防ぐセキュリティ機能が充実しています。
強固なアクセス制御を実現するために、IPアドレス制限だけでなく、二要素認証の設定が可能です。

更にクラストリームは動画の中に透かし文字として視聴ユーザID・視聴日時を入れるウォーターマーク機能を提供しています。
この機能により、万が一動画が外部に流出した場合でもIDを元にどこから流出したのか特定が可能です。

このように充実したセキュリティ機能により、セキュリティポリシーの厳しい金融機関様にも導入いただいております。

学習管理を一元化

クラストリームでは管理職の視聴履歴を確認することが可能です。
この機能により進捗に問題がある対象者を洗い出せるだけでなく、メール送信機能を用いてお知らせすることができます。

また動画内にメッセージとリンクURLを表示して、クラストリームで作成したアンケートページに誘導し、結果を集計することも可能です。
そのため、人事担当者は管理職の学習状況をリアルタイムで確認することができます。

更に次回以降の研修に向けた理解度の確認やフィードバックの収集をクラストリーム1つで行えます。

管理職研修だけでなく全階層の研修に活用可能

クラストリームは他社と比較してケタ違いの約3000時間の動画を保存することができます。

そのため幅広い知識が必要な管理職研修でも、容量を気にせず研修動画をアップロードいただくことが可能です。

また十分な容量をご用意しているため、管理職研修だけでなく全社員の研修にもご利用いただけます。

自社に合った料金プランを選び費用を抑えて運営開始できる

クラストリームは料金プランを複数提供しています。
そのため、料金プランの中から自社に合ったものを選び、費用を抑えて運営開始いただくことが可能です。

また自社に合う料金プランがないという場合に、カスタマイズすることもできるので、予算に合わせてご利用いただけます。

まとめ

管理職は多種多様なスキルが求められる一方、日々の業務に追われている中でいかに効率よく研修を実施するかという点で課題があるはずです。

もしその課題を解決されたいようでしたら、弊社が提供するクラストリームの利用をご検討ください。管理職向けに効率的に研修が実施できるだけでなく、幅広い知識の定着を実現し、企業の成長を促進します。

クラストリームではシステムを体験いただけるデモサイトや、資料もご用意しております。ご興味がある方はぜひ併せてご覧ください。
無料のデモサイトで使用感を試してみる>>