誰でも簡単に配信できる!動画のストリーミング配信方法とストリーミング配信システム | クラウド型動画配信システム・プラットフォーム【クラストリーム】

2021.04.15

誰でも簡単に配信できる!動画のストリーミング配信方法とストリーミング配信システム

ストリーミング配信とは、インターネットに接続した状態で映像、音声データが楽しめる再生方法のことです。セキュリティも優れていて、充実したライブ配信も行うことができます。

エンターテイメントとしても、ビジネスシーンでも、動画のストリーミング配信のニーズは確実に高まっています。

今回は動画ストリーミング配信システムの配信方法やメリット・デメリットなどを詳しく解説していきます。

誰でも簡単に配信できる!動画のストリーミング配信方法

ストリーミング動画配信方法は、事前に収録した動画を配信する「オンデマンド配信」と「ライブストリーミング配信」の2つに分類することができます。
オンデマンド配信は事前用意した専用サーバーの動画ファイルにアクセスしデータをダウンロードしながら視聴する方法で、配信中に一時停止や巻き戻し、早送りが可能なので動画コンテンツの重要な部分を聞き逃してしまうということもありません。一方、ライブ配信はリアルタイムで動画データが生成されるため巻き戻しなどができません。

ここからはオンデマンド配信とライブストリーミング配信の特徴や、メリット・デメリットを解説していきます。

オンデマンド配信とは?

オンデマンド配信は事前に収録した動画を専用のサーバーに保存しておき、視聴者がその動画ファイルに好きな時間・場所でアクセスして再生してもらう配信方法です。
企業がPR動画やハウツー動画を配信する場合、様々な視聴者を想定しなければなりません。動画のストリーミング配信は、ダウンロードという手間が必要ない動画配信方法なので、すぐに動画を視聴することができ、大容量のストレージも必要ありません。また、よほど通信環境が悪い状態でない限り、スマートフォンやタブレットでも快適に動画を視聴することができます。

オンデマンド配信のメリット

時間にとらわれず動画視聴が可能!

オンデマンド配信の最大のメリットは視聴者が自分の好きなタイミングで、動画を視聴できるということです。視聴者は時間・場所に縛られることなく、好きなタイミングで動画を視聴できるので、視聴までのハードルが低く、手軽なコンテンツとして楽しんでもらえることができます。

高いセキュリティで充実したライブ配信も可能!

動画コンテンツをダウンロードする手間がなくすぐに動画を視聴することができます。また、動画を保存することができず端末に動画データが残らないため、高セキュリティで配信が可能。動画の改ざんや不正アップロードなどの対策にもなります。

大容量の動画データでも快適に視聴可能!

再生された動画のみ視聴者に転送されるため、安定した通信環境なら容量の大きい動画データでも快適に配信できます。

不特定多数の視聴者に動画配信が可能!

動画のストリーミング配信では同じ動画コンテンツにアクセスが集中した場合、専用のストリーミングサーバーが通信状態の自動調整を行うため、動画再生が一時停止してしまうことなどが防止できます。複数人の視聴者が同時に快適に動画を視聴できる環境を提供できます。

オンデマンド配信のデメリット

通信環境が悪いと快適に動画配信・視聴ができない

通信環境が悪い場合、快適で安定した動画配信・視聴は難しいです。一時的に配信状態が悪くなると動画や音声が途切れてしまいます。

双方向のやりとりはできない

リアルタイムで視聴者と交流したいWebセミナーや講義の場合は、オンデマンド配信では対応できません。

ライブストリーミング配信とは?

ライブストリーミング配信とは、事前に動画コンテンツを収録し配信するオンデマンド配信とは異なり、リアルタイムで動画を配信する方法です。リアルタイムでの配信のため、視聴者が参加できるWEBセミナーや講演会などを開催するのに適している動画のストリーミング配信方法です。

ライブストリーミング配信のメリット

視聴者とリアルタイムで交流できる

視聴者がコメントできる機能を搭載している場合が多く、配信者と視聴者がリアルタイムでコミュニケーションが取れるためWebセミナーや講義などに最適です。リアルタイムならではの臨場感や視聴者の反応を見ながら動画配信できます。

動画編集などをする必要がない

ライブストリーミング配信はリアルタイムで動画を配信するため、事前に動画を収録し配信するストリーミング配信と異なり動画編集などに時間を割かなくていいので、ライブストリーミング配信するイベントやコンテンツの視聴者満足度を高めることに注力することもできます。

必要な情報をすぐに配信できる

必要な情報をすぐに動画でライブストリーミング配信できるため、即時性があります。今伝えるべきことをリアルタイムで視聴者に配信することができるのもライブストリーミング配信ならではです。

ライブストリーミング配信のデメリット

通信環境が悪いと配信に影響が出る

通信環境が悪い場合、安定したライブストリーミング配信が出来ずライブが途中で途切れてしまうなどの危険性があります。

配信の準備に時間がかかる

様々なトラブルに対応できるよう事前準備は必要不可欠です。リアルタイムで配信するライブストリーミング配信では失敗できないため、しっかりと準備をしなければなりません。

視聴時間が制約される

リアルタイムで動画配信を行うため、視聴者は自分の好きな時間に視聴するのではなく、ライブストリーミング配信が行われる時間帯で、視聴しなければなりません。

動画のストリーミング配信は誰でも簡単にできる?

多くの企業の方々、また大学など教育機関でも動画のストリーミング配信に関心を持っている方々が多いでしょう。初めて動画のストリーミング配信サービスを利用するという方々は、実際どのように配信すれば良いのか、ストリーミング配信する目的をまず知り、考える必要があります。

Webセミナーやイベントをストリーミング配信しようとしている企業も多いのではないでしょうか。動画のストリーミング配信は規模が大きくなるにつれ事前準備や本番の動きが重要になります。また、Webセミナーやイベントを開催する場合、集客で成功するよりも視聴者が満足してくれるかが重要です。視聴者満足度の高い動画ストリーミング配信を行いたい場合は、最初から動画のストリーミング配信サービスを提供している業者に頼むのがオススメです。プロのストリーミング配信サービス提供業者に依頼すれば、視聴者を満足させられる動画コンテンツの企画に注力することも可能になります。

失敗しない動画のストリーミング配信サービスの選び方

動画のストリーミング配信サービスを提供している業者はたくさんありますが、どのように動画のストリーミング配信サービスを決めれば良いか分からない方も多いと思います。ここからはどのようなポイントを意識して動画のストリーミング配信サービスを選べば良いか解説します。

的を達成できる機能があるか

それぞれ動画のストリーミング配信サービスを利用したいと考えている企業には、それを利用する目的があります。 店舗での集客を考えている企業や、学校などでの情報発信・共有のため動画のストリーミング配信を利用したいという方々もいます。

動画のストリーミング配信サービス業者と向きあう前には、なぜ、動画のストリーミング配信サービスを利用しなければならないかしっかり考える必要があります。

他の企業が動画のストリーミング配信を採用したから自社でも利用してみようということではなく、自社で動画ストリーミング配信サービスを導入するメリットついて良く考え検討してみましょう。

社外秘の情報を社内共有として、ストリーミング配信を検討しているのなら、情報が流出してしまうことも絶対に避ける必要があるため、動画のストリーミング配信サービスを提供している業者のセキュリティーがしっかりしているかなど、注目すべきポイントとなります。

動画の販売を目的としている企業は、動画を販売する機能のある動画配信システムか、決済方法は多数用意されているか(クレジットカード決済、銀行振込、コンビニ決済など)、販売形式はどうなっているのか(月額課金制や単品販売)…など、まずは自社の目的を明確にしてそこから求めている機能を掘り下げていくといいでしょう。

動画のストリーミング配信の利用が初めてで、どう動画のストリーミング配信サービスと向きあっていいか全くわからないという方々は、サービスを提供している業者にお問い合わせフォームから質問をしたり、よくある質問ページを確認してみるのが良いでしょう。

弊社のクラストリームなら簡単にお問い合わせや無料資料請求、無料デモサイトも利用できます。ぜひお問い合わせください!

DRM(デジタル著作権管理)機能が強固であるか

その動画のストリーミング配信サービスを提供している業者は、 DRM(デジタル著作権管理)などセキュリティー対策が万全に行われているでしょうか。

Widevine、fairplay、Playreadyの、主要三社のDRMフォーマットに対応した動画データの暗号化により、配信をサポートするなど、様々なサービス提供業者がセキュリティーのため最善を尽くしています。

社外秘の情報を社内共有としてストリーミング配信を検討しているのなら情報が流出してしまうことも絶対に避ける必要があるので、その動画のストリーミング配信サービスのセキュリティーがどれだけしっかりしているのかなど注目すべきポイントとなります。

導入サポートの充実度

導入サポートが充実しているかも重要です。なんとなくホームページがよく見えたからその動画のストリーミング配信サービス業者に決めたという方法では後悔もしてしまうでしょう。

初めて動画のストリーミング配信サービスを利用するという方々は、当然、いろいろな質問・疑問また、不安があるはずです。そのような時、サポートが充実しているとどれだけ安心できるでしょうか。ですから、電話でもメールでも、問い合わせをしてすぐに快く対応してくれるサービスの提供業者がおすすめです。

まとめ

弊社のクラストリームは、クラウド型映像配信サービスを提供している業者です。

公式ホームページ

弊社クラストリームの、クラウド型映像配信サービスは、学校、塾、セミナー、講演などのシーンで有効的に利用することができます。

クラストリームが選ばれている理由は、世界標準の映像技術でライブ配信を手軽に実現することができることです。また、クラストリームの場合は、 配信映像は録画し保存することができます。

それぞれ利用する方々の状況に合わせた、満足できるアドバイスをしています。

また、映像コンテンツは暗号化してセキュアに配信されます。更に通信にはSSLを利用し盗聴のリスクを抑えています。動画のストリーミング配信サービスを選ぶのには、どれだけセキュリティー重視かも大きなポイントです。

弊社のクラストリームでは、録画配信だけでなく、ライブ配信機能も、55,000円/月(税込)~の圧倒的リーズナブル料金を提供しています。ぜひお問い合わせください!