フランチャイズにおける効率的な研修方法とは | 動画配信システム・プラットフォーム【クラストリーム】

2023.03.03

フランチャイズにおける効率的な研修方法とは

フランチャイズにより多数の店舗を管理する際には、従業員の業務意識や考え方を統一するため、研修を実施する必要があります。このとき、開業前、開業後に実施するフランチャイズ研修の内容が分からないと不安をお持ちの方もいるでしょう。
そこでこの記事では、開業前・開業後のフランチャイズ研修の内容について詳しくご紹介します。また、効率的な研修方法の例として、動画配信システムを利用すべき理由について解説するので、研修方法を検討される方はぜひ参考にしてみてください。

【目次】
開業前にやるべきフランチャイズ研修の内容
開業後にフランチャイズ研修を実施すべきケース
フランチャイズ研修を動画配信システムで効率化できる3つの理由
フランチャイズ研修の動画配信はクラストリームがおすすめ

開業前にやるべきフランチャイズ研修の内容

フランチャイズ研修は、加盟店が増える際に実施する必要があります。このとき、一般的に実施される研修内容は次のとおりです。

●企業理念・コンセプト・創業の知識紹介
●販売促進活動の基礎知識
●従業員の教育・雇用に関する知識

ひとつずつ見ていきましょう。

①企業理念・コンセプト・創業の知識紹介

まずは、本社が掲げている「企業理念」や「コンセプト」を理解してもらう必要があります。個人経営で運営する店舗と異なり、店舗全体で統一した対応を求められるフランチャイズでは、ベースとなる考え方を理解してもらうことが重要です。
また、創業から今までにかけての歴史や実績に関する説明を行いましょう。何も知らない状態でフランチャイズ加盟店がブランドを名乗ってしまうと、こちらの意図とは異なる取り組みを実施してしまい、ブランドイメージをブレさせてしまいます。
フランチャイズに加盟する段階で実施することにより、開店後のトラブルを防止できるので、必ず説明を行ってください。

②販売促進活動の基礎知識

フランチャイズ加盟店には、本社がルール化している「販売促進活動の基礎知識」を説明しましょう。

販売促進活動とは、サービスを利用するきっかけを与える手段のことであり、例えば、クーポンや割引、キャンペーンなど、フランチャイズ全店舗で実施している施策のことを指します。
他の店舗では販売促進を実施しているにも関わらず、新たに加盟した店舗だけ別の動きをしていると、こちらもブランドイメージをブレさせる原因となるでしょう。販売促進の種類や戦略、頻度などを確実に把握してもらうように注意してください。

③従業員の教育・雇用に関する知識

フランチャイズ加盟店には、従業員の教育方法や雇用に関する知識について研修を行いましょう。

個人店舗と異なり、フランチャイズ加盟店は本社との連携を取りつつ従業員の管理を実施します。雇用形態はもちろん、給与に関する条件も本社ルールに従ってもらう必要があるため、情報の齟齬が出ないように、確実に伝えてください。
また、本社で取り決めた従業員ルールを渡し、教育のルール、雇用のルールを理解してもらうことも重要です。円滑な店舗管理を行うためにも、研修前には必ずルールを整備しておきましょう。

開業後にフランチャイズ研修を実施すべきケース

フランチャイズ研修は、加盟店が追加された一度だけ実施するのではなく、以下のようなケースに実施することも重要です。

●店長が交代したときに実施
●新しい社員を採用したときに実施
●知識を定着させるために定期的に実施

開業後も継続して研修を行う大切な理由をチェックしていきましょう。

①オーナー/店長が交代したときに実施

フランチャイズ加盟店の店長が退職し、新たな店長と交代した際には、もう一度フランチャイズ研修を行いましょう。
研修内容を把握していた元店長とは違い、新しくやってきた店長もゼロベースの知識で業務を行う可能性があります。店長の変更によって店舗の業務システムが変化してしまうと、訪問客だけではなく従業員を混乱させてしまうため、開業前と同様の研修を行うのが良いでしょう。

②新しい従業員を採用したときに実施

フランチャイズ加盟店の店長だけでなく、新しく社員や従業員を採用した際にも、フランチャイズ研修を行いましょう。

店長および社員は、本社と連携しつつ加盟店を管理するため、対象者全員が業務のことを理解しておかなければなりません。店長・社員が採用された場合にも、確実に考え方を統一してもらう必要があります。また、アルバイトなどの従業員にも企業理念や商品、店舗の魅力をよく理解してもらうことでより良いお客様対応につながります。

新卒採用など、大人数を採用する際には、ひとつの場所に集まりまとめて研修することによって、研修費用や期間といったコストを大幅に削減できるでしょう。

③知識を定着させるために定期的に実施

一度フランチャイズ研修を実施しても、時間の経過とともに、知識を忘れてしまう場合があります。また、本社のルールや取り組みが変更・追加されるため、フランチャイズ加盟店全体のアップデートが必要です。
この際には、対応エリアごとに知識定着のための定期研修を実施してみてはいかがでしょうか。複数人でまとめて研修できることから研修にかかるコストを削減できます。また、定期研修にあわせて新卒採用や店長交代の研修を合わせることによって、フランチャイズ研修の二度手間を防止できるのが魅力です。

フランチャイズ研修を動画配信システムで効率化できる3つの理由

フランチャイズ研修を実施する際には、従業員を本社に集める企業や、貸会議場をレンタルする企業も多いはずです。しかし、研修の頻度を考えると莫大なコストが必要であるため、コストダウンしたいと考えていないでしょうか。
最後に、フランチャイズ研修を効率化できるサービスとして「動画配信システム」を利用すべき理由をご紹介します。多くの加盟店を抱えるフランチャイズ企業向けのサービスですので、ぜひ参考にしてみてください。

①従業員の移動が不要となる

動画配信システムを利用すれば、対象者全員にライブ配信でビデオ通話を実施できます。つまり、従業員の移動や会議室をレンタルする手間・費用を大幅に削減できるのが魅力です。
動画配信システムとカメラ機能付きのPCまたはモバイル端末があれば、どの会社でも実施できるため、コストダウンを目的に利用してみてはいかがでしょうか。

②従業員全体に研修情報を共有できる

動画配信システムでは、登録した従業員に対して、必要な情報を「お知らせ」として一斉にメールを発信できます。例えば、フランチャイズ研修が必要な対象者だけにお知らせを発信でき、メールを通じてスケジュールや研修方法を連絡できます。
従来のメールによる情報共有を行う場合、対象者の抜けや漏れが発生する場合もあるでしょう。一方、動画配信システムを使って一斉送信していけば、情報発信の手間を大幅に削減できます。

③録画したデータを定期研修に利用できる

動画配信システムは、ライブ配信だけではなく、過去のライブ動画を公開できるアーカイブ動画配信と録画動画のオンデマンド配信にも対応しています。

アーカイブ動画または録画動画を対象者に公開しておけば、従業員がいつでも研修動画をチェックできます。研修動画を更新し、情報発信するだけで従業員に知らせることができるため、従業員は場所や時間にとらわれず、いつでも研修を受けられるのが特徴です。定期研修のハードルを下げることにもつながるため、定期研修に負担を感じているのなら、ぜひ動画配信システムを導入してみてください。

フランチャイズ研修の動画配信はクラストリームがおすすめ

フランチャイズ研修は、開業前・開業後に実施することはもちろん、企業理念や販売促進の知識、雇用情報など、本社と加盟店が連携できる情報を研修内容とする必要があります。

ただし、オフラインによるフランチャイズ研修に負担を感じているのなら、ライブ配信、アーカイブ・録画動画を利用できる動画配信システムを利用するのがおすすめです。

クラストリームでは、フランチャイズ研修の課題を解決できる動画配信のプラットフォームをご利用いただけます。簡単かつ便利な動画配信システムをお求めなら、ぜひサービスページをチェックしてみてください。